日商簿記3級入門講座 現金

日商簿記3級 現金・預金 今回のお題は現金です。
日商簿記3級 現金・預金 おお、お金そのものですな。
日商簿記3級 現金・預金 そうだね。でも会計上、現金はお金そのものだけじゃないところがポイントだね。
通貨代用証券と呼ばれるものも帳簿上現金として扱われます。
日商簿記3級 現金・預金 通貨代用証券(つうかだいようしょうけん)?
日商簿記3級 現金・預金 具体的には

① 他人振出小切手(たにんふりだしこぎって)
② 期限到来公社債利札
③ 配当金領収証

などが代表的です。
①他人振出小切手とは他の人が発行した小切手。
②期限到来公社債利札とは債券についている利札で支払期限が到来したもの。
③配当金領収証とは株式を保有することで支払われる領収証です。

日商簿記3級 現金・預金 株はなんとなく分かるけど、小切手とか公社債とかってなに?
日商簿記3級 現金・預金 小切手というのは当座預金という主に決済専用の
無利息の銀行預金から現金が支払われる証券です。
簡単に言えば、他の人が振出(ふりだ)した=作成した小切手を銀行にもっていくと、
現金と交換してくれます。
小切手は本物の現金に比べ携帯しやすかったり、防犯にも役立つ点が優れています。
日商簿記3級 現金・預金 ふんふん、なるほど。
日商簿記3級 現金・預金 公社債というのは債券。国債とか社債のことですね。
債券は国や会社に貸しているお金であって、その利息を一定期間ごとにもらえます。
日商簿記3級 現金・預金 なるほど、配当金にせよ債券の利札にせよ、利息と考えればいいんだね。
日商簿記3級 現金・預金 そうそう。じゃあ、具体的に仕訳をみていきましょう。

 

現金

■例:商品を50,000円売り上げて、現金を受取った。

資産の増加→ (現金) 50,000  /  (売上) 50,000 ←収益の増加

■例:商品を50,000円売り上げて、他人振出の小切手を受取った。

資産の増加→ (現金) 50,000  /  (売上) 50,000 ←収益の増加

■例:所有する社債につき、利札1,000円の利払い日が到来した。

資産の増加→ (現金) 1,000  /  (有価証券利息) 1,000 ←収益の増加

■例:所有する株式につき、10,000円の配当金領収証が送られてきた。

資産の増加→ (現金) 10,000  /  (受取配当金) 10,000 ←収益の増加
 

日商簿記3級 現金・預金 とりあえず、仕訳はこんな感じ。
日商簿記3級 現金・預金 小切手は本当に現金と同じ仕訳なんだね。
日商簿記3級 現金・預金 そうだね。受取った小切手は現金と見なします。
債券の利札と配当金領収証も現金として計上されていますね。
利札は有価証券利息、配当金は受取配当金という収益の勘定が用いられます。
これは決まりごとだから覚えてね。

 

現金過不足

日商簿記3級 現金・預金 さて、現金の取引をしていると帳簿の現金と現実の現金に差が生じることがあります。
日商簿記3級 現金・預金 へ?なんで?
日商簿記3級 現金・預金 理由は色々だろうけど。記入漏れとか、金額を間違えて書いてしまったとか、紛失してしまったとか。
日商簿記3級 現金・預金 ああ~、ありそうだね~。
日商簿記3級 現金・預金 で、差があることが発覚したら帳簿を実際の値に修正するために仕訳をしたいのですが、
      相手勘定を何にすればいいか分かりません。

■例:現金勘定の帳簿残高は50,000円だが、現金の実際有高は49,000円だった。
   原因は不明だった。

何にすればいい?→ (?) 1,000  /  (現金) 1,000 ←資産の減少

日商簿記3級 現金・預金 とりあえず、例では実際の現金が1,000円足りてないので、帳簿の金額を減らします。
ですが、どうして帳簿より実際の現金が少ないのか、
その理由が分からないので相手勘定を何にしたらいいのかが分かりません。
日商簿記3級 現金・預金 そうだね。どうしたもんか。
日商簿記3級 現金・預金 こんな時は、【現金過不足】という勘定を一時的に使うことになっています。
先ほどの例で見ると仕訳は

仮の勘定→ (現金過不足) 1,000  /  (現金) 1,000 ←資産の減少

となります。
日商簿記3級 現金・預金 ほうっ、現金過不足とな。
日商簿記3級 現金・預金 現金過不足が仕訳に登場した後には2通りの仕訳が考えられます。
原因が判明する場合(ケース①)と原因が最後まで分からない場合(ケース②)です。
■ケース①:先の現金過不足の原因は販売費1,000円の記入漏れだった。

費用の増加→ (販売費) 1,000  /  (現金過不足) 1,000 ←仮の勘定

■ケース②:先の現金過不足の原因は最終的に不明だった。

費用の増加→ (雑損) 1,000  /  (現金過不足) 1,000 ←仮の勘定

日商簿記3級 現金・預金 決算日になっても原因が分からない場合は【雑損(または雑損失)】という費用勘定を用います。
また、これとは逆に帳簿より実際の現金が多く、原因が分からなければ【雑益(または雑収入)】という収益の勘定を貸方に書くことになります。

①と②を見てもらえれば分かると思いますが、現金過不足は必ず逆仕訳によって消滅します。
つまり決算書に【現金過不足】という勘定は載らないってことですね。
日商簿記3級 現金・預金 ふむふむ、便宜的に使ってるだけってことだね。
日商簿記3級 現金・預金 ちなみに①と②が混じったケースも考えられるからね。

■ケース①:先の現金過不足の原因として販売費500円の記入漏れがあることが分かった。
      残りは不明だった。

費用の増加→ (販売費) 500  /  (現金過不足) 1,000 ←仮の勘定
費用の増加→ (雑損)  500          

日商簿記3級 現金・預金 なるほどなるほど。
日商簿記3級 現金・預金 では最後に、【帳簿の現金<実際の現金】の場合の仕訳を簡単に見ていきましょう。

■例:現金勘定の帳簿残高は35,000円だが、現金の実際有高は40,000円だった。
   原因は不明だった。

資産の増加→ (現金) 5,000  /  (現金過不足) 5,000 ←仮の勘定

■例:先の現金過不足の原因として売掛金の回収4,000円と一般管理費2,000円の支払いが未記帳だった。

仮の勘定→   (現金過不足) 5,000  /  (売掛金) 4,000 ←資産の減少
費用の増加→ (一般管理費) 2,000  /  (雑益)  3,000 ←収益の増加

日商簿記3級 現金・預金 !?
日商簿記3級 現金・預金 ちょっと複雑にしてみましたが、雑益、雑損の値は差額になります。

とりあえず、現金に関してはこれで終了です。

 
 
 

値引・返品<前へ  簿記入門講座TOP  次へ>当座預金



簿記の教材① 「とある会社の経理さんが教える 楽しくわかる! 簿記入門


トコトン分かりやすく、漫画で読み進め易い簿記入門書
恐縮ですが私の著書です。
一般的な入門書やテキストがあまり触れていない簿記の根本的な考え方に言及しています。
「なんでこんな仕訳をするの?」というところをしつこいくらい説明しています。

簿記検定の副読書としてもご活用ください。

対象は初学者、簿記3級合格者ですが、2級・1級合格者にも役立つ情報を掲載しています。
よろしければ本の中身サンプルをご覧ください。

読者様からいただいた感想もご参考ください(サイト全体に対するコメントも含まれています)。

簿記の教材② 「とある会社の経理さんが教える 楽しくわかる! 原価計算入門


さらに恐縮ですが、私の著書です。私の本業、原価計算の入門書です。こちらは
日商簿記検定2級の副読書としてご活用ください。

よろしければ本の中身のサンプルをご覧ください。
日商簿記2級で登場する工業簿記に相当する範囲を収めています。
個別原価計算、総合原価計算、標準原価計算、直接原価計算を扱っています。

おサルが趣味のお菓子作りを通して
「ものを作るために要する費用」の計算方法を学んでいくストーリーです。

原価というのは材料費だけではありません。
原価計算は商売をする人にとって必修科目だと思います。


次回日商簿記検定 平成29年6月11日(日) 第146回簿記検定試験(1級~4級)
試験日の約2か月前になったら受験希望地の商工会議所に問い合わせましょう
商工会議所の簿記ページ:http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/



簿記初心者入門講座トップ
簿記初心者入門講座TOP


体験談を公開
簿記の勉強法
 ∟簿記の勉強法
 ∟簿記3級の勉強時間・難易度
 ∟簿記2級の勉強時間・難易度
 ∟簿記1級の勉強時間・難易度
 ∟自由時間の作り方
 ∟簿記検定本試験用の勉強法
 ∟スケジュールの立て方
 ∟計画倒れにならないために
 ∟本試験前日の準備
 ∟本試験時の受験テクニック
 ∟りんごアップルの法則
 ∟簿記1級直前期の1日の時間配分
 ∟合格のための精神論

実際に試してみました
おすすめ教材
 ∟日商簿記3級用教材
 ∟日商簿記2級用教材
 ∟日商簿記1級用教材
 ∟簿記検定を学べる専門学校
 ∟専門学校の受講スタイルは?
 ∟会計の知識upの書籍
 ∟おすすめ電卓

資格を取ったら
簿記の資格を活かす
 ∟就職活動に使う
 ∟社内の評価upに使う
 ∟税理士試験に使う
 ∟公認会計士試験に使う

管理人プロフィール
簿記との関わり
 ∟管理人が簿記を学ぶ理由
 ∟簿記検定の遍歴
 ∟簿記1級に失敗した理由
 ∟日商簿記合格証書
1st STEP
簿記の基本を学ぶ
 ∟入門の入門
 ∟超初心者簿記入門
 ∟簿記ってなに?
 ∟簿記で良いことあるの?
 ∟簿記はやった方がいい?
 ∟簿記をはじめよう
 ∟単式簿記と複式簿記って?
 ∟複式簿記の利点って?
 ∟仕訳を覚えよう
 ∟勘定科目の分類
 ∟資産・負債・純資産って?
 ∟収益・費用って?
 ∟財務諸表を知ろう
 ∟一年間の流れ
 ∟簿記検定とは

2nd STEP
日商簿記3級講座
 ∟日商簿記3級って?
 ∟簿記3級の学習範囲
 ∟簿記3級の勉強法
 ∟商品売買の学習範囲
 ∟商品売買
 ∟三分法
 ∟付随費用
 ∟掛取引・手形取引
 ∟値引き・返品
 ∟現金
 ∟当座預金
 ∟手形取引
 ∟会計処理は複数?
 ∟仕訳と勘定
 ∟その他の債権・債務
 ∟有形固定資産
 ∟有価証券
 ∟補助簿
 ∟決算整理
   ∟減価償却
   ∟貸倒引当金
   ∟商品の決算整理
   ∟経過勘定
   ∟現金過不足
   ∟有価証券の評価
   ∟消耗品



3rd STEP
日商簿記2級講座
 工業簿記
 ∟工業簿記とは?
 ∟原価と原価計算ってなに?
 ∟工業簿記と原価計算の関係
 ∟原価計算の種類はたくさん?
 ∟材料費・労務費・経費を学ぼう
 ∟直接費と間接費
 ∟個別原価計算・総合原価計算?
 ∟個別原価計算を学ぼう
 ∟部門別個別原価計算を学ぼう
  ↓編集中
 ∟総合原価計算を学ぼう
 ∟工程別総合原価計算を学ぼう
 ∟等級別別総合原価計算を学ぼう
 ∟財務諸表と本社工場会計
 ∟直接原価計算
 ∟実際原価計算と標準原価計算



4th STEP
少し高度な簿記
 ∟税効果会計
 ∟資産除去債務
 ∟純資産の部の内容
 ∟有価証券の種類と評価















ビジネス力UP!
ビジネス知識
 ∟小売と卸売の違い
 ∟年商数億円てすごい?
 ∟手形の仕組み

簿記とは関係ありませんが、
絵日記を描いたり動画を作っています。
動画一覧「出会って一週間でプロポーズした夫婦のその後」

 サイトマップ
じめに
TOPページ
このサイトについて
管理人プロフィール
Twitter ツイッター
RSS

仕紹介
経理さんのお仕事




画・絵
経理さんの絵日記
ネタ・オリジナル漫画
Lineのスタンプ


とある夫婦の日常生活

書・書評
面白かった本など
超初心者簿記入門
宅地建物取引士入門
QC検定入門
第二種電気工事士

趣味・ビジネススキル
Excelの便利な使い方
ACCESSの使い方
絵を描く
動画を作成する
サイトを作って運営する

お金を増やす・節約
激安生活節約術
株式・デリバティブ投資
不動産投資
無料ネットビジネス


その他
リンク
お勧め商品・サービス
過去のコメントレス1
過去のコメントレス2
イラスト素材

とある会社の経理さん