工業簿記と原価計算の関係

工業簿記と原価計算。

呼び方は違うけれど、要は同じものなの?
という疑問がわきますが、厳密に言うとこれらは別物です。

 

ここから若干脇道に逸れますが、お付き合いくださいm(--)m

 

工業簿記はその名の通り簿記ですから、製品を作ったらそれが何円なのか知る必要があります。
(簿記はお金の動きを記録して、最終的に財務諸表という会社の成績表を外部向けに作成することが目的です)

つまり製品原価を必要とします。
その原価情報を提供してくれるのが原価計算という手法です。

しかし原価計算というのは単に「製品一つが何円で作れたか」を考えるだけの技術ではありません

・この製品を何個売れば会社全体で利益が出るのか?
・この事業は一見儲けていないようだが、本当に不採算事業なのか?
・投資案件があるが将来プラスになる見込みがあるだろうか

こういった経営の意思決定に役立つ情報も提供してくれるのです。
これらは会社の外部の者に伝える必要はありません。会社内部でのみ利用する情報です。

このように会社内部で使用する経営に資する会計のことを管理会計と呼び、これには公共的なルールがありません。
各会社が自分たちの使いやすい仕組みを作って活用しています。

管理会計の逆に制度会計という会計があります。
名前の通り制度(ルール)によって規定されています。

この制度会計の中に財務会計というものが分類されます。

これは財務諸表(決算書)、つまり公開する会社の成績表を作成する会計を指します。
財務諸表作りにはこと細かいルールがあります。
投資家などが複数の会社を比較検証するため、同じ尺度で作る必要があるからです。

 

号の色(青色、黄色、赤色)は全国共通で同じ意味を持たせていますよね。
仮に東京は紫で進め、大阪はピンクで進め、とかだったら分かりにくくて仕方ありません。
事故を誘発する気まんまんじゃないですか。(まぁ私はあまり車に乗らないので困りませんが・・・)
共通のルールがあるから便利なのです。
事がスムーズに運ぶのです。

同様に、企業が個々に独自のルールを設けて財務諸表を作っていたのでは読みにくくていけません。
共通のルールが必要です。
こういう取引をしたときはこんな記録の仕方をしますよ、といった決まり事を作っておくのです。

この決まり事を順守する会計が財務会計です。

 

を戻して、工業簿記と原価計算の関係。
材料を消費したり人件費が発生したなどの記録は財務会計の分野です。
何を何円使ったかははっきり分かることです。

そしてこの原価要素(材料や労働力)の消費額が製品や仕掛品へと振り替えられるのですが、
ではどの製品が何円なのか? という疑問には財務会計は答えることができません。
(昔はざっくりと製品原価を計算していたようですが、
工業化した現代において合理的な計算をしようとしても無理です)

そこで誕生したのが原価計算という仕組みです。

原価計算は財務会計からデータを提供してもらい、それを用いて複雑な計算をこなし、
製品や仕掛品の原価を合理的に算出します。

この製品原価や仕掛品原価を財務会計に返すことで、
財務会計は適切な損益計算や財政状態を示すことができるのです。

このように原価計算は財務会計が対応できない部分を補う外注先のようなもので、
この原価計算とのやり取りを担う財務会計の窓口が工業簿記なのです。

 

はじめての簿記初心者入門講座

 

ただ、簿記検定では
「工業簿記」という科目に製品原価や仕掛品原価を計算する分野を収め、
「原価計算」という科目に直接原価計算や投資計画など管理会計の分野を担当させているように見受けられます。

 
 
 

原価計算とは?<<   >>原価計算の種類はたくさん?

 


簿記の教材① 「とある会社の経理さんが教える 楽しくわかる! 簿記入門


トコトン分かりやすく、漫画で読み進め易い簿記入門書
恐縮ですが私の著書です。
一般的な入門書やテキストがあまり触れていない簿記の根本的な考え方に言及しています。
「なんでこんな仕訳をするの?」というところをしつこいくらい説明しています。

簿記検定の副読書としてもご活用ください。

対象は初学者、簿記3級合格者ですが、2級・1級合格者にも役立つ情報を掲載しています。
よろしければ本の中身サンプルをご覧ください。

読者様からいただいた感想もご参考ください(サイト全体に対するコメントも含まれています)。

簿記の教材② 「とある会社の経理さんが教える 楽しくわかる! 原価計算入門


さらに恐縮ですが、私の著書です。私の本業、原価計算の入門書です。こちらは
日商簿記検定2級の副読書としてご活用ください。

よろしければ本の中身のサンプルをご覧ください。
日商簿記2級で登場する工業簿記に相当する範囲を収めています。
個別原価計算、総合原価計算、標準原価計算、直接原価計算を扱っています。

おサルが趣味のお菓子作りを通して
「ものを作るために要する費用」の計算方法を学んでいくストーリーです。

原価というのは材料費だけではありません。
原価計算は商売をする人にとって必修科目だと思います。


次回日商簿記検定 平成29年6月11日(日) 第146回簿記検定試験(1級~4級)
試験日の約2か月前になったら受験希望地の商工会議所に問い合わせましょう
商工会議所の簿記ページ:http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/



簿記初心者入門講座トップ
簿記初心者入門講座TOP


体験談を公開
簿記の勉強法
 ∟簿記の勉強法
 ∟簿記3級の勉強時間・難易度
 ∟簿記2級の勉強時間・難易度
 ∟簿記1級の勉強時間・難易度
 ∟自由時間の作り方
 ∟簿記検定本試験用の勉強法
 ∟スケジュールの立て方
 ∟計画倒れにならないために
 ∟本試験前日の準備
 ∟本試験時の受験テクニック
 ∟りんごアップルの法則
 ∟簿記1級直前期の1日の時間配分
 ∟合格のための精神論

実際に試してみました
おすすめ教材
 ∟日商簿記3級用教材
 ∟日商簿記2級用教材
 ∟日商簿記1級用教材
 ∟簿記検定を学べる専門学校
 ∟専門学校の受講スタイルは?
 ∟会計の知識upの書籍
 ∟おすすめ電卓

資格を取ったら
簿記の資格を活かす
 ∟就職活動に使う
 ∟社内の評価upに使う
 ∟税理士試験に使う
 ∟公認会計士試験に使う

管理人プロフィール
簿記との関わり
 ∟管理人が簿記を学ぶ理由
 ∟簿記検定の遍歴
 ∟簿記1級に失敗した理由
 ∟日商簿記合格証書
1st STEP
簿記の基本を学ぶ
 ∟入門の入門
 ∟超初心者簿記入門
 ∟簿記ってなに?
 ∟簿記で良いことあるの?
 ∟簿記はやった方がいい?
 ∟簿記をはじめよう
 ∟単式簿記と複式簿記って?
 ∟複式簿記の利点って?
 ∟仕訳を覚えよう
 ∟勘定科目の分類
 ∟資産・負債・純資産って?
 ∟収益・費用って?
 ∟財務諸表を知ろう
 ∟一年間の流れ
 ∟簿記検定とは

2nd STEP
日商簿記3級講座
 ∟日商簿記3級って?
 ∟簿記3級の学習範囲
 ∟簿記3級の勉強法
 ∟商品売買の学習範囲
 ∟商品売買
 ∟三分法
 ∟付随費用
 ∟掛取引・手形取引
 ∟値引き・返品
 ∟現金
 ∟当座預金
 ∟手形取引
 ∟会計処理は複数?
 ∟仕訳と勘定
 ∟その他の債権・債務
 ∟有形固定資産
 ∟有価証券
 ∟補助簿
 ∟決算整理
   ∟減価償却
   ∟貸倒引当金
   ∟商品の決算整理
   ∟経過勘定
   ∟現金過不足
   ∟有価証券の評価
   ∟消耗品



3rd STEP
日商簿記2級講座
 工業簿記
 ∟工業簿記とは?
 ∟原価と原価計算ってなに?
 ∟工業簿記と原価計算の関係
 ∟原価計算の種類はたくさん?
 ∟材料費・労務費・経費を学ぼう
 ∟直接費と間接費
 ∟個別原価計算・総合原価計算?
 ∟個別原価計算を学ぼう
 ∟部門別個別原価計算を学ぼう
  ↓編集中
 ∟総合原価計算を学ぼう
 ∟工程別総合原価計算を学ぼう
 ∟等級別別総合原価計算を学ぼう
 ∟財務諸表と本社工場会計
 ∟直接原価計算
 ∟実際原価計算と標準原価計算



4th STEP
少し高度な簿記
 ∟税効果会計
 ∟資産除去債務
 ∟純資産の部の内容
 ∟有価証券の種類と評価















ビジネス力UP!
ビジネス知識
 ∟小売と卸売の違い
 ∟年商数億円てすごい?
 ∟手形の仕組み

簿記とは関係ありませんが、
絵日記を描いたり動画を作っています。
動画一覧「出会って一週間でプロポーズした夫婦のその後」

 サイトマップ
じめに
TOPページ
このサイトについて
管理人プロフィール
Twitter ツイッター
RSS

仕紹介
経理さんのお仕事




画・絵
経理さんの絵日記
ネタ・オリジナル漫画
Lineのスタンプ


とある夫婦の日常生活

書・書評
面白かった本など
超初心者簿記入門
宅地建物取引士入門
QC検定入門
第二種電気工事士

趣味・ビジネススキル
Excelの便利な使い方
ACCESSの使い方
絵を描く
動画を作成する
サイトを作って運営する

お金を増やす・節約
激安生活節約術
株式・デリバティブ投資
不動産投資
無料ネットビジネス


その他
リンク
お勧め商品・サービス
過去のコメントレス1
過去のコメントレス2
イラスト素材

とある会社の経理さん