簿記検定本試験用の勉強法

簿記検定本試験が解けるようになる勉強法です。
主に直前期において私が有効だと感じた勉強法をまとめました。

*直前期=学習範囲の勉強が一通り終了して、本格的に本試験対策をする時期。
       学習期間によってその期間はまちまちです。
       1級なら1.5~2ヶ月、2級なら1ヶ月、3級なら1~2週間くらいでしょうか?

 

簿記検定本試験用の勉強法① アウトプット中心

簿記の問題集が完璧にできるくらいにやりこむ!

テスト範囲の学習が一通り済んだら、後はひたすら問題を解きましょう
最終目標は本試験が解けることです。問題が解けなければ意味がありません。
特に本試験前2週間はとことん問題を解きましょう。

テキストの学習が一通り済んでから、またテキストを1P目から復習しよう、
と読み始めたくなりますが、残念ながらこれは時間の無駄です。
私の経験的にこの勉強は分かった気になるだけです。
問題が解けるようにはなりません。

テキストを読み直して、仕訳のきり方を確認するのは、問題が解けなかった時です。
あと、「あれはナンだったっけ?」という風に調べ物が明確な場合は、その都度確認しましょう。

 

簿記検定本試験用の勉強法② 過去問を最低でも2回解く

過去10回分くらいの簿記の本試験集で実力アップ!

過去問は必ず解きましょう。

本試験に出題されるということは、試験作成者が大事だと考えている箇所だということです。
この部分は知っておいてほしい、と考えている箇所なのです。

それだけ大事なのです。

ここ試験に出る可能性高いですよ~と告知されているようなものです。

 

全て最低2回解きましょう
これは絶対です(私は大体3~4回やりました)。

どういうパターンで出題されるのか。
どういう単元の出題頻度が高いのか。
各々の単元ではどんなことが問われるのか。
自分はどういう問題が苦手なのか。

過去問はヒントの宝庫です。
解いて分析して、解いて分析してを繰り返しましょう。

過去問の勉強で公認会計士試験1年合格

合格するのに平均で数年かかると言われる公認会計士試験を
1年間で合格した方の勉強方法は、テキストを読み進めるのではなく、
まず過去問を解くことから始める、というものだそうです。

どんな形式の問題が出題されるかがわかり、
何が大事なのかが最初からはっきりするので効率が良いのでしょう。

 

簿記検定本試験用の勉強法③ 科学する

問題には必ずパターンがあります
一種の決まりごとです。

それを掴んでしまえば、本試験もとるにたりません。
ここで過去問が役に立ちます。

過去問を分析すると、出題のパターンがみえてきます。
どうすれば効率よく解けるのか。
下書き用紙にどのように図や仕訳を書けば素早く解答できるのか。
この辺りをやってみましょう。

例えば、与えられた資料から解答用紙の財務諸表の各項目を埋めろ、という一般的な問題。
まず与えられる資料は何なのか。
①前期末の資料なのか。
②決算整理前の資料なのか。
③与えられた資料の数字には空欄があって、自分で穴埋めをしなければならないのか。
与えられる資料に関してだけでも、複数のパターンがあり、
それに適した解答作成の手順があります。

試行錯誤を繰り返し、自分なりの解法を作りあげてください。

 
 

簿記検定本試験用の勉強法④ 問題集が完璧にできるようになる

これは当たり前な話なのですが、理想的です(^^;)。
専門学校が作成している問題集は試験範囲を網羅しているといっても過言ではありません。

なぜなら、問題集に掲載されていない問題が本試験で出題されたら
その専門学校は無能をさらすことになるからです。

なので、若干細かいところまで突っ込んで作成されています。
おそらく問題集が完璧にできるようになれば簿記検定が求める実力の120%くらいに達するでしょう。

つまり、専門学校の作成している問題集を完璧にこなせるようになる=合格できる、
ということです。
まぁ、それが大変なわけですが、それくらいの気概を持って挑みましょう。

 

簿記検定本試験用の勉強法⑤ 間違えた問題はその都度記録する

一度間違えた問題はできれば二度と間違えたくない

しかしながら、繰り返してしまうのが人間です。
やはりできるようになるまで繰り返すことが必要です。

とは言っても、

問題を解く→間違えた→復習する→しばらく間をとってから、同じ問題を解く→また間違えた→復習・・・

と、やっていては少々時間がかかってしまいます。
一つの大問を解くにはそれなりの時間がかかります。
大問の中の一部分を間違えてしまったのなら、その部分だけをパソコンのWordなどで
テキストデータとして抽出してしまいましょう(自分で入力するという意味です)。
例えば「減価償却の月割り計算」を間違えてしまったなら、

・減価償却の月割計算に注意!
とか
・8月5日に取得し、同日から使用し始めた備品(取得価格20,000円)の今年度(3月決算)の減価償却費は?
みたいに書き出していきましょう。

そうして間違えた問題のリストを作成したらプリントアウトして、
その紙を常に携帯するようにします。

そして、暇なときにそれを眺めるのです。
電車に乗っている時や、休み時間、何かを待っているときとかに。

こうすることで、自分の苦手問題の確認ができる上に、
その解法の復習にもなります。

苦手問題を紙にリストして常に携帯する
これで間違いは確実に減ります。

リスト作りは若干面倒ですが、効果は抜群です。

 

簿記検定本試験用の勉強法⑥ 電卓のブラインドタッチ

簿記検定では電卓を早く叩ける方が有利です。

時間との戦いですから、できる限り時間短縮の方法を編み出さなければいけません。

ただ、簿記3級、簿記2級ではそれほどシビアになる必要はないかもしれません。
簿記1級の受験を考えている方はブラインドタッチができるくらいに習熟しておいた方がいいでしょう。
欲を言えば、利き手の逆の手でも電卓を打てるようにしましょう。
シャーペンを持った手で電卓を操作するのはやや難しいですし、
逆の手で電卓を打てれば答えを導き出した瞬間もう一方の手で答案用紙に書くことができます。
実際、私が簿記1級を受験した時にも利き手の逆で電卓操作をしている方が視界に入っただけでも2名いました。
(見たのは休憩時間中なので、もっといたかもしれません)

ちょっとしたことですが、これは電卓操作の下手な人に対して大きなアドバンテージを築くことができます。

 

ではどうすれば「利き手の逆手&高速打ち」ができるようになるのか。
私はひたすら練習しました。たぶんそれしか方法はありません。
一番初めは電卓検定用の教材を使用しましたが、全部で10時間も練習していなかったと思います。
始めはたどたどしい動きでしたが、簿記の勉強で無理矢理左手で電卓を叩いているうちに
少しずつ上達しました。

絶対に必要な技能ではありませんが、あると便利なので練習してみてください。
ちなみに私がお会いしたことのある公認会計士の方は皆さん利き手とは逆で操作できていました。
さすがです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

自由時間の作り方<<前へ  簿記初心者入門講座TOP  次へ>>スケジュールの立て方



簿記の教材① 「とある会社の経理さんが教える 楽しくわかる! 簿記入門


トコトン分かりやすく、漫画で読み進め易い簿記入門書
恐縮ですが私の著書です。
一般的な入門書やテキストがあまり触れていない簿記の根本的な考え方に言及しています。
「なんでこんな仕訳をするの?」というところをしつこいくらい説明しています。

簿記検定の副読書としてもご活用ください。

対象は初学者、簿記3級合格者ですが、2級・1級合格者にも役立つ情報を掲載しています。
よろしければ本の中身サンプルをご覧ください。

読者様からいただいた感想もご参考ください(サイト全体に対するコメントも含まれています)。

簿記の教材② 「とある会社の経理さんが教える 楽しくわかる! 原価計算入門


さらに恐縮ですが、私の著書です。私の本業、原価計算の入門書です。こちらは
日商簿記検定2級の副読書としてご活用ください。

よろしければ本の中身のサンプルをご覧ください。
日商簿記2級で登場する工業簿記に相当する範囲を収めています。
個別原価計算、総合原価計算、標準原価計算、直接原価計算を扱っています。

おサルが趣味のお菓子作りを通して
「ものを作るために要する費用」の計算方法を学んでいくストーリーです。

原価というのは材料費だけではありません。
原価計算は商売をする人にとって必修科目だと思います。


次回日商簿記検定 平成29年6月11日(日) 第146回簿記検定試験(1級~4級)
試験日の約2か月前になったら受験希望地の商工会議所に問い合わせましょう
商工会議所の簿記ページ:http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/



簿記初心者入門講座トップ
簿記初心者入門講座TOP


体験談を公開
簿記の勉強法
 ∟簿記の勉強法
 ∟簿記3級の勉強時間・難易度
 ∟簿記2級の勉強時間・難易度
 ∟簿記1級の勉強時間・難易度
 ∟自由時間の作り方
 ∟簿記検定本試験用の勉強法
 ∟スケジュールの立て方
 ∟計画倒れにならないために
 ∟本試験前日の準備
 ∟本試験時の受験テクニック
 ∟りんごアップルの法則
 ∟簿記1級直前期の1日の時間配分
 ∟合格のための精神論

実際に試してみました
おすすめ教材
 ∟日商簿記3級用教材
 ∟日商簿記2級用教材
 ∟日商簿記1級用教材
 ∟簿記検定を学べる専門学校
 ∟専門学校の受講スタイルは?
 ∟会計の知識upの書籍
 ∟おすすめ電卓

資格を取ったら
簿記の資格を活かす
 ∟就職活動に使う
 ∟社内の評価upに使う
 ∟税理士試験に使う
 ∟公認会計士試験に使う

管理人プロフィール
簿記との関わり
 ∟管理人が簿記を学ぶ理由
 ∟簿記検定の遍歴
 ∟簿記1級に失敗した理由
 ∟日商簿記合格証書
1st STEP
簿記の基本を学ぶ
 ∟入門の入門
 ∟超初心者簿記入門
 ∟簿記ってなに?
 ∟簿記で良いことあるの?
 ∟簿記はやった方がいい?
 ∟簿記をはじめよう
 ∟単式簿記と複式簿記って?
 ∟複式簿記の利点って?
 ∟仕訳を覚えよう
 ∟勘定科目の分類
 ∟資産・負債・純資産って?
 ∟収益・費用って?
 ∟財務諸表を知ろう
 ∟一年間の流れ
 ∟簿記検定とは

2nd STEP
日商簿記3級講座
 ∟日商簿記3級って?
 ∟簿記3級の学習範囲
 ∟簿記3級の勉強法
 ∟商品売買の学習範囲
 ∟商品売買
 ∟三分法
 ∟付随費用
 ∟掛取引・手形取引
 ∟値引き・返品
 ∟現金
 ∟当座預金
 ∟手形取引
 ∟会計処理は複数?
 ∟仕訳と勘定
 ∟その他の債権・債務
 ∟有形固定資産
 ∟有価証券
 ∟補助簿
 ∟決算整理
   ∟減価償却
   ∟貸倒引当金
   ∟商品の決算整理
   ∟経過勘定
   ∟現金過不足
   ∟有価証券の評価
   ∟消耗品



3rd STEP
日商簿記2級講座
 工業簿記
 ∟工業簿記とは?
 ∟原価と原価計算ってなに?
 ∟工業簿記と原価計算の関係
 ∟原価計算の種類はたくさん?
 ∟材料費・労務費・経費を学ぼう
 ∟直接費と間接費
 ∟個別原価計算・総合原価計算?
 ∟個別原価計算を学ぼう
 ∟部門別個別原価計算を学ぼう
  ↓編集中
 ∟総合原価計算を学ぼう
 ∟工程別総合原価計算を学ぼう
 ∟等級別別総合原価計算を学ぼう
 ∟財務諸表と本社工場会計
 ∟直接原価計算
 ∟実際原価計算と標準原価計算



4th STEP
少し高度な簿記
 ∟税効果会計
 ∟資産除去債務
 ∟純資産の部の内容
 ∟有価証券の種類と評価















ビジネス力UP!
ビジネス知識
 ∟小売と卸売の違い
 ∟年商数億円てすごい?
 ∟手形の仕組み

簿記とは関係ありませんが、
絵日記を描いたり動画を作っています。
動画一覧「出会って一週間でプロポーズした夫婦のその後」

 サイトマップ
じめに
TOPページ
このサイトについて
管理人プロフィール
Twitter ツイッター
RSS

仕紹介
経理さんのお仕事




画・絵
経理さんの絵日記
ネタ・オリジナル漫画
Lineのスタンプ


とある夫婦の日常生活

書・書評
面白かった本など
超初心者簿記入門
宅地建物取引士入門
QC検定入門
第二種電気工事士

趣味・ビジネススキル
Excelの便利な使い方
ACCESSの使い方
絵を描く
動画を作成する
サイトを作って運営する

お金を増やす・節約
激安生活節約術
株式・デリバティブ投資
不動産投資
無料ネットビジネス


その他
リンク
お勧め商品・サービス
過去のコメントレス1
過去のコメントレス2
イラスト素材

とある会社の経理さん