経理さんのお仕事 ~資金繰りをする~

はじめての簿記初心者入門講座 会社は存続するためにも利益をあげる必要があります。
      と同時に現金が十分になければいけません。
      仕入れ先に代金を支払うときに現金がないと倒産の憂き目に合います。

はじめての簿記初心者入門講座 ? 儲かっていたらお金もたくさんあるんじゃないの?

はじめての簿記初心者入門講座 利益が出ている=現金がある、ってわけではないんです。
      もちろん、利益が出ていないと現金は目減りしていくので、
      損益がプラスであるのは最低限の条件です。

はじめての簿記初心者入門講座 んじゃなんで?

はじめての簿記初心者入門講座 今日、会社間の商売は信用取引がよく行われています。
      要は商品を購入しても支払いは数か月後とかの後払いなのです。
      逆に商品を売った場合は現金を受け取るのが数か月後になってしまうのです。

      すると売上高と売上原価を計上して利益は出ているけれど、
      代金の回収はまだ行われていない、という現象が生じます。

      つまり利益・損失と現金の流入出(キャッシュフロ)は時期的にズレが生じるのです。     

 

はじめての簿記初心者入門講座 ふーむ、利益が出ていても現金が手元にない可能性もあるわけだね。

はじめての簿記初心者入門講座 そうそう。
      得意先に良い顔して代金回収の期日を先に延ばしたり、
      仕入れ先に対する支払条件が厳しくてサイト(支払までの日数)が短かったりすると
      お金が先に出て行ってしまって、下手をすればお金を回収する前に現金が底をつくなんてことになりかねません。

      お金が払えなくなったら実質倒産ですからね。(厳密には半年に2回しでかすと銀行との取引が停止させられます)
      (取引先からの信用を損なうため早晩潰れます)
      いくら「1か月後にはお金が入金されるから」と言っても後の祭りです。

 
 

 
①仕訳伝票を書く   ②原価を計算する   ③固定資産を管理する   ④予算編成・管理をする
⑤資金繰りをする   ⑥税金を計算する
 

 
 サイトマップ
じめに
TOPページ
このサイトについて
管理人プロフィール
Twitter ツイッター
RSS

仕紹介
経理さんのお仕事




画・絵
経理さんの絵日記
ネタ・オリジナル漫画
Lineのスタンプ


とある夫婦の日常生活

書・書評
面白かった本など
超初心者簿記入門
宅地建物取引士入門
QC検定入門
第二種電気工事士

趣味・ビジネススキル
Excelの便利な使い方
ACCESSの使い方
絵を描く
動画を作成する
サイトを作って運営する

お金を増やす・節約
激安生活節約術
株式・デリバティブ投資
不動産投資
無料ネットビジネス


その他
リンク
お勧め商品・サービス
過去のコメントレス1
過去のコメントレス2
イラスト素材

とある会社の経理さん