QC検定

過去問を解いてみて出題問題のパターンを私なりにまとめました。

正規分布に従う2つの変数の組み合わせの問題

部品Aと部品Bを組み合わせて製品Cを作る。
こんな問題がよく出題されます。

部品Aの長さの平均値は4㎝、標準偏差が0.4㎝、
部品Bの長さの平均値が3㎝、標準偏差が0.3㎝だとします。
AとBは互いに独立しているとします。

ではこのAとBをつなげたCの長さはどんな分布を示すのか?

Cの平均値は4+3=7㎝となります。

Cの標準偏差を考える場合、まず分散を考えます。
AとBは独立なので分散の加法性により

V(C)=V(A)+V(B)=(0.4×0.4)+(0.3×0.3)=0.25

標準偏差は分散の√なので、s(C)=√0.25=0.5

 

実験計画法

因子、誤差、全体の平方和、自由度、分散をよく問われます。
実験計画法の直交法には3パターンについて覚えておくと安心です。

1)一元配置法

自由度をΦ(ファイ)と表現します。

ΦA=

2)繰り返しのない二元配置法

3)繰り返しのある二元配置法

 

工程能力指数

工程が管理状態にあるのかを調べる指数です。

Cp=(UCL-LCL)/6σ

仮説検定

 

#includex(QC検定/メニュー,titlestr=off)


とある会社の経理さん