競売物件の引き渡しを受けました

20170402-1.jpg

昨年に入札したマンションの落札結果が1月に出て、
残金の納付を2月中旬に行いました。

この残金納付後しばらく経てば登記簿に私の名前が記されます。

 

とりあえずここまで(書面上)は裁判所が処理してくれますが、
基本的に実際の物件の引き渡しは当事者間で行わなければなりません。

 

しかし権利のない人が居座ってしまい、落札者が利用できないのは都合が悪いので
強制的に引き渡させることが法的に可能です。

それが強制執行です。

 

強制執行を行うためには手順があり、複数の書類提出としばらくの時間が必要です。

 

今回は部屋の中に人がいないことは予想できたので、
自分で鍵屋さんを呼んで開錠しても良かったのですが、
物件の中に家具などの前所有者の所有物が残っていると面倒だったので
強制執行に踏み切りました。

動産は競売の対象ではないので、勝手に処分することができないんですよね。

しかし強制執行であれば、処分をしてしまっても責任は裁判所の方に任せることができるので
今回はそうした次第です。

 

強制執行といっても、いきなり部屋に入り込んで全てを運び出すのではなく、
まずは催告といって、警告のようなことをしに行きます。

その後(一か月後くらいでしたっけ?)に断行、つまり中身をすべて運びだします。

 

今回は催告の段階で部屋の中に何もないことが分かったので、
そのまま引き渡しは完了という形になりました。

 

これからは改修作業ですね。

トイレ、洗面台、細かいところを直していきますかね。
・・・ちょっと面倒ですねぇ( ;∀;)

 

【2017/04/02 23:30】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
 ←感想などがあればコメントお願いします。TOPページでお返事してます。過去のコメントレスでも確認できます。

H29年03月26日<前  経理さんの日記漫画TOP  次>H29年04月09日


 サイトマップ
じめに
TOPページ
このサイトについて
管理人プロフィール
Twitter ツイッター
RSS

仕紹介
経理さんのお仕事




画・絵
経理さんの絵日記
ネタ・オリジナル漫画
Lineのスタンプ


とある夫婦の日常生活

書・書評
面白かった本など
超初心者簿記入門
宅地建物取引士入門
QC検定入門
第二種電気工事士

趣味・ビジネススキル
Excelの便利な使い方
ACCESSの使い方
絵を描く
動画を作成する
サイトを作って運営する

お金を増やす・節約
激安生活節約術
株式・デリバティブ投資
不動産投資
無料ネットビジネス


その他
リンク
お勧め商品・サービス
過去のコメントレス1
過去のコメントレス2
イラスト素材

とある会社の経理さん